”中国がいつまでたっても崩壊しない7つの理由”

post by 2017年08月08日 火曜日 in 日記

副島隆彦の中国研究

結局なところ共産党一党独裁が功を奏しているようです、金融マフィアの意向に従属することなく通貨発行、金融政策が行える強みがあるようです。
彼らがますます経済発展し地球の資源を食い尽くしてしまうのではという恐怖が世界を震撼させている、地球温暖化もそれをなんとか抑え込むためのものなのかもしれません、フリ-エネルギ-も中国で最初に実用化されるだろうともいわれています。
いずれにしても中国の台頭は欧米の世界戦略を根本的に破壊してしまったようです。
世界が事実上一つになった今支配層の権力闘争は地球の破壊を招く恐れがあります、多くの人たちが目覚め支配の構造が理解され新たな次元に飛躍するしか解決方法はないようです。

”メッセージ”

post by 2017年08月01日 火曜日 in 日記

『メッセージ』(Arrival)は、テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を基にエリック・ハイセラーが脚本を執筆し、ドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を務めた2016年のアメリカのSF映画。出演はエイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー。

”トランプ政権は世界を変える”

post by 2017年07月24日 月曜日 in 日記

鳩山友紀夫氏と副島隆彦氏の対談です。

”タイム・レボリューション”

post by 2017年07月18日 火曜日 in 日記

苫米地博士の時間についての解説。

ボーダーライン

post by 2017年07月12日 水曜日 in 日記

アメリカとメキシコの国境で巻き起こる麻薬戦争の闇を、『灼熱の魂』『プリズナーズ』などのドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が衝撃的かつリアルに描いたアクション。メキシコ麻薬カルテルを撲滅すべく召集された女性FBI捜査官が、暴力や死と日常が隣り合わせの現実を目の当たりにする姿を映す。主演は、『イントゥ・ザ・ウッズ』などのエミリー・ブラント。ほかにベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリンらが出演。ヴィルヌーヴ監督による臨場感たっぷりの演出と、名優たちの緊迫した演技に注目。
麻薬戦争の実態を描く衝撃作、麻薬取引に絡むCIA彼らがそれをコントロ-ルしているという告発映画でもあります。

New Art


すべての作品は、www.flickr.comで!

月別アーカイブ