”ロドリゴ・ドゥテルテ大統領”

post by 2017年06月26日 月曜日 in 日記

私の命令は非常に明確だった。「外に出て行って、ドラッグ王たちをハントしろ(捕まえろ)。可能なら逮捕しろ。でも彼らがあなたたちに暴力で向かってきて、警察官や軍隊の命を危険にさらすなら、殺せ。」

過去になぜ取り締まれなかったか?警察官や軍隊が、「人権」問題にされるのを怖がっていたからだ。実際人権どうのっていうのは新しい現象なんだがね。EUとアメリカは、他国に干渉するために、「人権」を偽装するのだ。

(中略)…

アメリカは爆弾を落として、一般人をたくさん犠牲にしている。人命への法的責任は免除される。

(中略)…

アメリカはイラクを占領した。(中略)… イラクを侵略して、多くの人が殺された。正義はどこにある?(中略)… 強国は、ありもしない大量破壊兵器を創作することができる。他国を占領することができる。

(中略)…

なのに彼らは私が犯罪者を殺したといって私を批判するんだ!

トランプはとてもいい人だ。(中略)… その前の政権は(中略)… すべてを破壊した。親善も。ロシアとの関係、フィリピンとの関係も。

(中略)…

私の外交政策は、欧米支持から転換したのだ。中国と同盟を結ぶために取り組んでいるし、ロシアとも、良好な協調関係のために取り組んでいる。なぜかって?なぜなら、西洋の世界は - EUとか全部だけど - 全部がダブルスピークだからだ。

(中略)…

ロシアと中国は、言葉どおり信用することとができる。

(中略)…

大統領として、私はフィリピン国を維持し、守る必要がある。それを本当にやるよ、たとえどんな代償があろうとも。私の国が、本来あるべき国になるよう保証することが、私の粛然たる義務だ。平和で、快適に暮らせる国にすることだ。

”ジム・ロジャーズ”

post by 2017年06月17日 土曜日 in 日記

<こんな記事がありましたので掲載させていただきます>カレイドスコ-プより

「今年後半か遅くとも来年に、生涯で最悪のクラッシュが起こる」-ジム・ロジャーズ

・・・ジム・ロジャーズのもっとも最近の警告は、ビジネス・インサイダーのCEO、ヘンリー・ブロジェット(Henry Blodget)のインタビューで言ったことです。

そこで彼は、「生涯で最悪のクラッシュが起ころうとしている」と切り出しました。
今度の彼の警告は、「今年後半、(遅くとも)来年までに大規模な株式市場の暴落が起こる」と、タイムラインを提示してきました。

6月9日のビジネスインサイダー(BI)から、以下、要点を抜粋します。

BIのブロジェット: 「テレビの視聴率というものは、クラッシュが始まるとともに上昇していくようです。
そこで、それは、いつ起こり得るのでしょう?」

ロジャーズ:「今年(2017年)後半、あるいは来年・・・」

BIのブロジェット:「今年後半、あるいは来年ですか・・・」

ロジャーズ:「そうです、そうです、メモしておいてください」

BIのブロジェット:「それを引き起こすきっかけとなるのは何でしょう?」

ロジャーズ:「面白いのは、こうしたことは、常にわれわれが注意していないところから始まるものだ、ということです。

2007年に、アイスランドは破産しました。
ベアー・スターンズは破綻しました。 リーマン・ブラザーズも破綻しました。
破綻は、そのように螺旋を描いて連鎖します。
こうしたことは、常にわれわれが意識していないところで起こるものです。

私には、どれが崩壊の引き金になるのか分かりません。
今度は、破綻した米国の年金制度かも知れません。

それは、われわれが一顧だにしない国から始まるかもしれません。
あらゆる可能性を想定しなければなりません」。

BIのブロジェット:「今度のクラッシュは、どれくらいの規模になるとお考えですか?」

ロジャーズ:「あなたの生涯で最悪のものとなるでしょう」

BIのブロジェット:「今までにも、最悪のクラッシュはありました」

ロジャーズ:「今度のクラッシュは、私の生涯にとっても最悪のものとなるでしょう。
私は、あなたより年上で多くの経験を持っています・・・。それは、本当に深刻な事態となるでしょう」

BIのブロジェット:「それは怖いですね」

ロジャーズ:「ええ」

BIのブロジェット:「われわれを救うことはできるでしょうか?」

<省略>

ロジャーズ:「そう、だから私はアジアに引っ越したのです。私の娘は、来るべきことに備えて、中国語の標準語を話すようになりました。   

政府は機能せず、政党は消失します。そして、国家は破綻するでしょう。

アイスランドが破綻しましたが、それ以上の規模の崩壊が、そこここで起こるでしょう。
長く続いた企業も同じです。リーマン・ブラザーズは150年続いたのです。博物館や病院、大学、金融機関なども例外ではありません」

・・・「それならそれで少しでも長引かせたい。われわれは何を準備していいかさえ分からないままだ」・・・人々の偽らざるつぶやきです。

商業向けローンの急激な減少は不況の明確なシグナル

・・・「ローン(資金の貸し出し)の供給が逼迫しているか、ローンの需要が減少しているかにかかわらず、商業向け・産業向けローン(Commercial and Industrial Loans)の残高が減少に転じると、不況はすでに進行中であるか、すぐに始まります」・・・

たとえば、今年に入ってから「サブプライム自動車ローンの延滞率が過去7年で最高水準」に達しました。
米サブプライム自動車ローンの貸倒率は金融危機以降、最高となっています。

すでに自動車ローンは右肩下がりのカーヴを描いて減少しています。
住宅ローンの貸し出し残高も減少を続けています。その他、すべての貸し出しは減少に転じています。

連邦準備制度理事会(FRB)が公表した銀行ローン最新版報告によれば、年初では、前年同期比で7%の増加となっていたものが、3月末には3%、4月末には2.6%と一方的に減少を続けており、年率換算では、わずかに1.6%であることが分かりました。

これは、2011年以降最も低い伸び率です。

とりわけ重要なのが、ローン残高が減少していく速さです。

FRBが、今年3月以降のデータを公表したとき、さらにローン残高が減少していれば、「なぜFRBは、9月から金融引き締めを断行するのか」と訝しがる米国人が大勢出てくるでしょう。

米国の経済崩壊は間違いなく迫っています。そして日本も・・・

ジム・ロジャーズは言いました。
「その規模は私の生涯で最悪の崩壊になるだろう」・・・

”温暖化詐欺”

post by 2017年06月12日 月曜日 in 日記

こんちは!ジョン・コールマンだよ。

このプレゼンのタイトルは、「重大な地球温暖化など、ありゃしない」だよ。
もはや確信してるね。

巨大石油会社から金もらってるんだろうと思うだろうね。いやいやいや。 。。。一銭ももらってないよ。
私は60年間にわたって天気予報キャスターだった。

気象学者でもあり、グッドモーニングアメリカの最初のお天気キャスターでもあり。。。
天気予報チャンネルの創立者でもある。これらが、私の成し遂げたことだよ。
米国放送気象学者会(AMS)から年間放送気象学者賞をもらったこともあるよ。
何年間もそこのプロメンバーだった。
最終的には辞めたけどね、明らかに。。。

「政治」が科学の道を阻んでいたからね。また後でしよう。

さて、2013-14年はどんな冬だったろう?
オハイオの弟に電話したら、彼の妻が「雪かきに忙しくて家にはいませんよ」というんだ。
カリフォルニアの人間と話すヒマはないとさ。
最も寒く、最も雪だらけで、辛い冬なのに、どう地球温暖化を話すってんだい?
30年にわたってアメリカで流布されているよね。

そして、厚かましいことに、
アメリカ海洋大気庁は宣言したのさ、
2013年は最も温かい年だったというんだ。
素晴らしいバカバカしさだね。
データの操作なんだよ。

さて、最初に明確にしておきたいんだが、
私はこの地球を愛してるよ。
この地球市民になって80年だね。
それが私の得たすべてさ。
もし我々人類が、この美しく小さな球体、我々の住む青い大理石にダメージを与えているなら、
ゾッとするね。
全力で我々のやってることを止めるだろうね。

しかし、私はいわゆる地球温暖化という問題について研究してみたんだ。
連中は今や気候変動と呼んでるけどね、温暖化はやめたらしい。
私はこの問題を注意深く、完全に研究してみたんだ。
科学者の良心にかけてね。そして、絶対的に頑丈な結論にたどりついたんだ。
地球温暖化なんか無いってね。

この地球は毎時17000マイルの速さで太陽を周り、
そして太陽とともに、
銀河系を毎時10万マイル以上のスピードで飛んでいる。
そして銀河系は宇宙を飛び続けている、ビッグバンの継続として宇宙が膨張し続けているのに伴ってね。
我々はものすごい速さで旅しているんだよ。
すごい乗り物だね。
地球は45億年間旅しているんだ。

私が精一杯言いたいことは、それは良好な状態だってことだよ。
今後40億年位はね。

しかしちょっとまってくれよ。
そのあいだに、氷河期があったし、
間氷期もあった。
こういった自然なバリエーションは引き続き起こるんだ、気候としてね。
しかし、人類による気候変動については、
私は確信するんだが、そんなものは無いね。

だから今日このツイートをしたんだ。
これはアル・ゴアに向けたものだよ。
そして、国連の気候変動政府間会議にもね。
シエラクラブにも。
民主党にも。
政策委員会にも。

ここで言ってることはだね、
「どこにあんたたちの言う地球温暖化があるってんだ!」
温度をチェックしてみればだな、1970年から現代までほとんど温暖化していないんだよ。

”ビルダーバーグ会議”

post by 2017年06月07日 水曜日 in 日記

<こんな記事がありましたので掲載させていただきます>黄金の金玉より

今回のビルダーバーグ会議の議題のトップがトランプです。

今回のビルダーバーグ会議の出席者の多くが、トランプがパリ(地球温暖化)協定を離脱すると決定したことに激怒しています。
世界の殆どの国が参加しているパリ協定はグローバリゼーションの大きなステップとなることからエリートらいとって非常に重要なのです。
しかしトランプがパリ協定から離脱することにしたため、世界中の最高指導者らが激怒しトランプを非難しています。
・・・
トランプのこれまでの政策のうち、パリ協定の離脱こそがエリートらが最も嫌っていることなのです。
彼等はトランプをホワイトハウスから追放したいと思っていましたが、彼等のトランプに対する憎悪は新たなレベルに達しました。
憶万長者であり気象変動の代表的活動家のトム・ステイヤーは、トランプのパリ協定離脱は米国民に対する反逆的戦争行為であると非難しました。
・・
彼等のアジェンダを妨害しているトランプは彼等にとっての最大の敵なのです。そのため彼等はいかなる手段を使ってもトランプを排除しようとしています。

”フィンテック”

post by 2017年05月31日 水曜日 in 日記

苫米地博士の新しい金融システムについての解説。

1 / 17912345678910...Last »

New Art


すべての作品は、www.flickr.comで!

月別アーカイブ